法律 プライバシーの侵害について

相手のプライベートをSNSへ無断で投稿することは危険です。

スマートフォンが世の中に普及しSNSでいつでもどこでも情報を共有できる世の中になりました。
とても便利になった反面、その情報共有が仇となるケースも増えてきています。
その1つが著名人を見かけた際に勝手にカメラで撮影をして、その写真をSNSに無断で公開する事件です。
まず著名人かどうか問題なく、自分以外の他人の顔を外部(SNS)へ公開する場合は肖像権の問題が発生し、無断で公開してしまうと法律でいうところのプライバシーの侵害につながります。
例えば、その著名人の方がどこかのお店にプライベートで訪問している最中に、従業員や近くのお客さんが勝手に撮影し、SNSへ公開したことでお店が特定され、オフで行動しているのに勝手にその生活を世間にばらされてしまうと言う事件が過去に発生していました。
他人のプライベートを無断でSNSへ投稿し世間へさらす行為はプライバシーの侵害となりますので注意しましょう。
これを理由に権利侵害をされたと訴えられ法律問題になるリスクもあります。

Copyright(c) 法律 プライバシーの侵害 All Rights Reserved.